So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク


2013年 土用の丑の日はいつ? [暦]

2013年の土用の丑の日は、7月22日と8月2日の2回です。
土用というのは、立夏・立秋・立冬・立春の直前の18日間のことで、
実は年に4回あるのです。

その土用のうち、十二支が丑の日が土用の丑の日で
厳密いえば、立夏の前の土用の丑の日、
立秋土用の丑の日、リッとの前の土用の丑の日、立春の前の土用の丑の日と
1年に4回やってきます。

でも、一般的には、夏の土用の丑の日を指すことが多く、
2013年は、7月と8月の2回巡ってきます。
年によっては、1日だけの年もあります。

土用の丑の日といえば、鰻!

丑の日に、「う」のつくものを食べると夏負けしないとのいわれから
鰻屋が商売のために始めたのが由来なんだとか。
それも、1700年代の頃というから、日本人と
土用の丑の日のうなぎの付き合いは長いんですね。

確かに鰻はビタミンも豊富で、またDHCや、
渇間を綺麗にしてくれるEPAなども多く含んでいて、
しかも丼の中では低カロリー。
1匹の鰻を家族でシェアするなら
う巻やうざくなどで楽しむのもありですよ♪

特に夏場は、あっさり酢の物のうざくがおすすめ。
米酢なら、きゅうりとあえるだけです。

高級食材ではありますが、土用の丑の日くらいは
鰻が食卓に欲しいですね。

そうそう、うなぎ以外の食べ物なら
「う」のつくものを食べるのが、そもそもの習慣。
うなぎは「う」から始まっていますが、
それ以外に[ぎゅ「う」にく] 、[「う」どん]、[「う」めぼし]
などもありというわけです。




スポンサードリンク

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。