So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク


お中元 時期 いつから [暦]

お中元 時期っていつから?
これって地方によって違います。
早いのは東日本で、
関東などはお中元の時期は7月1日~15日くらいまでに届けるのが慣例とされています。
関西では、時期は少し遅れて、7月15日~8月15日くらい(お盆くらい)まで。

昔は、ボーナスが出て、次の土日くらいが
百貨店のお中元売り場のピークで、
7月第1の土日あたりに、お中元を買いに行く人が多かったのですが、
最近は通販もデパートも、お中元は早割りをやっているところが多いので
実際にお中元を注文するのは、6月末くらいから
(カードで買えば、支払いはボーナスをもらってからということになりますね)
7月にはもう手配はすんでいる、というパターンが多いようです。

お中元の相場の金額は?


気になるお中元の予算というか金額ですが、
相場は3000~4000円くらいといったところ。
結婚して最初に迎えるお中元の時期、
一度贈ると来年も、ということになりますので
不景気な昨今は、送り先のチョイスも重要になりますね。
だいたい、仲人さんや、直属の上司、
子供のお稽古事の先生や塾や学校の先生などへ贈るというパターンですね。
親戚や、大家さんとかにも贈るという方もいらっしゃいますし
嫁ぎ先の慣習というのもありますので、
結婚して初めてのお中元、ということなら
嫁ぎ先のお姑さんに相談してみるといいでしょう。

ただ、家計に負担がかかるほどの無理なお中元は、考えものですね。

お中元 何を贈る?


お中元に限らず、贈りものなので
自分がもらって嬉しいものがいいですね。
贈る相手が男性であっても、世帯であれば、奥様が喜ばれるものを贈るのがポイント。

食料品や日用品など、消耗品が喜ばれるようです。

↓予算別に選べる送料込の定番ギフト一覧


↑こうしてみても、やっぱり食品が多いですね。

逆に、好みがむずかしい形のあるものは、
結局はリサイクルショップに行く羽目に・・・?

喜んでもらえたら、毎年同じものを贈るのもおすすめです。

「ハムの人!」ってCMじゃないけど、
毎年それが届いたら、思い出してもらえます♪


スポンサードリンク

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0) 
スポンサードリンク


2013年 土用の丑の日はいつ? [暦]

2013年の土用の丑の日は、7月22日と8月2日の2回です。
土用というのは、立夏・立秋・立冬・立春の直前の18日間のことで、
実は年に4回あるのです。

その土用のうち、十二支が丑の日が土用の丑の日で
厳密いえば、立夏の前の土用の丑の日、
立秋土用の丑の日、リッとの前の土用の丑の日、立春の前の土用の丑の日と
1年に4回やってきます。

でも、一般的には、夏の土用の丑の日を指すことが多く、
2013年は、7月と8月の2回巡ってきます。
年によっては、1日だけの年もあります。

土用の丑の日といえば、鰻!

丑の日に、「う」のつくものを食べると夏負けしないとのいわれから
鰻屋が商売のために始めたのが由来なんだとか。
それも、1700年代の頃というから、日本人と
土用の丑の日のうなぎの付き合いは長いんですね。

確かに鰻はビタミンも豊富で、またDHCや、
渇間を綺麗にしてくれるEPAなども多く含んでいて、
しかも丼の中では低カロリー。
1匹の鰻を家族でシェアするなら
う巻やうざくなどで楽しむのもありですよ♪

特に夏場は、あっさり酢の物のうざくがおすすめ。
米酢なら、きゅうりとあえるだけです。

高級食材ではありますが、土用の丑の日くらいは
鰻が食卓に欲しいですね。

そうそう、うなぎ以外の食べ物なら
「う」のつくものを食べるのが、そもそもの習慣。
うなぎは「う」から始まっていますが、
それ以外に[ぎゅ「う」にく] 、[「う」どん]、[「う」めぼし]
などもありというわけです。




スポンサードリンク

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0) 
スポンサードリンク


2013年富士山山開き [レジャー]

2013年富士山山開きですが、2013年は、
富士山をはじめの近隣の名所が世界文化遺産に指定されたこともあり、
例年よりも混雑しそうですね。

富士山山開きは、7月1日。

自然遺産ではなく、文化遺産として登録されたというのが微妙ですね。

さて、2013年、世界文化遺産に登録されたことにより
富士山山開き期間中に予想される問題。
山開きといいえば、当然富士山登山ということですが、
2013年は世界文化遺産に登録されたことをきっかけに
富士山登山を目指す人が増えるだろうということは予想できますが
それによる問題とは、
まず、駐車場とトイレの不足。

そして登山に関しては、入山者が増えることで
けが人なども増えるのでは?という予想がされています。
というのも、富士山の頂上付近は、登山道というよりも
ガレ場を登っていくような感じで、歩くと大小の石が転がり落ちていくのです。
その石の量が当然のことながら、例年より増えるので
それによる事故の発生率も増えるのでは?と予想されています。

最近は富士山登山を企画するツアー会社もあったりするので
日本の最高峰富士山といえども、けっこう安易に登れるみたいです。
まぁ、実際登るのは5合目からですしね。



場合によっては、入山に関しては、有料化や、
人数制限などの措置が取られる可能性もありますね。

世界遺産になったことで、経済効果が期待される地元ですが
それに付随する問題も色々あるみたいです。

知床が世界遺産になったときは、観光客のゴミの対策として
観光客にも有料のゴミ袋を買ってもらうようになったりしてます。
(知床には、ゴミ箱が一切ありません)

とはいえ、富士山山開きの週の土曜日には、
恒例の花火大会が開催されます。
また、河口湖ハーブフェスティバル2013も開催されます。
富士山とラベンダーの絵葉書のような景色を楽しめます。

富士山河口湖山開きまつり花火大会


【日時】2013年7月6日
【時間】夜8時~8時30分
【場所】河口湖湖畔・大池公園
【花火】2000発
【駐車場】あり
【HP】http://www.fujisan.ne.jp/

河口湖ハーブフェスティバル2013


【日時】2013年6月21日~7月15日
【場所】八木崎公園・大石公園
【駐車場】あり
【HP】http://www.fujisan.ne.jp/
※ラベンダーの開花状況はこちらのページで確認できます。

http://www.kachikachiyama-ropeway.com/contents/blog/lavender.php

2013年は、富士山山開き&花火大会あたりが見ごろになりそうです。




スポンサードリンク

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。